株式会社 三栄マシニング

金属加工の高い技術力。F1 優勝車の部品も・・・

今回、主に金属加工を手がけている
株式会社 三栄マシニング さんにおじゃまして
社長の 鈴木勝博 さんからいろいろとお話を伺ってきました。

日産の大きな工場がある
ここ上三川町では、その部品を作る企業の存在も
欠かせません。

株式会社 三栄マシニングさんも、
車のエンジンの部品などを扱う会社の一つ。

金属加工もいろいろと種類があるという事で
三栄マシニングも
旋盤加工、放電加工 といったものを
いろいろ手掛けられている様ですが
中でも一番得意としているのは
「切削 (せっさく) 加工」と呼ばれるもの・・・

これは、金属を削り取って
複雑で精密な形の部品を
作り出すというものです。

実際に、それで作ったものをいろいろと
見せて頂きましたが
その細かさに、びっくり・・・

日本の技術力も大したものだと思ったら
どこでも出来る様なものではなく
「他者では難しい」ものを
作ることに、こだわりがあるそうです。

鈴木社長に、仕事で大切にしているものを
お聴きしたら、次の3つのものを
挙げておられました。

  • 品質
  • 納期
  • コスト

品質に関しては見せて頂いた部品を
見せて頂いても分かる通りで
かなりこだわりを持っていて
15ミクロン単位の精度を持っていると
いう事でした。

また、納期に関しても
基本的に短納期の依頼が多く
その辺りの管理は細かく行っているという事。

最後のコストに関しても
「納期」とつながる部分が大きいのですが
「早く終わらせる」ことを意識して
いるという事でした。

そういった事を大切にしていっているので
お客さまからは

「こんな難しいもの、よくできたね。」

「よく間に合わせてくれたね。」

と感謝してもらえる事も多い様です。

三栄マシニングのお客さんは
自動車会社や、航空会社など
一般消費者が扱うようなものでは
ないのですが、
しかし、それだけに日本の産業を
技術力から支えている会社だと感じました。

F1 車の部品を手掛けたこともある様で
その F1車は優勝したこともあるそうです。

新しいことにチャレンジしたい

上三川は日産の工場がある町なので
三栄マシニングの様に部品を手がけている
会社も多いのですが、

しかし、鈴木社長は
日産に頼るような考えはよくないと言います。

なぜなら、日産に依存することによって
新しいことにチャレンジする意識が
なくなってしまうから・・・

鈴木社長は、常に
新しいことにチャレンジする意識で
日頃の業務に携わっています。

株式会社 三栄マシニング

住所: 〒329-0604 栃木県河内郡上三川町上郷2210-5
TEL: 0285-56-5056 (代)
FAX: 0285-56-5431
URL: http://www.san-ei-mc.co.jp/
事業内容: 各種金属製品の加工、治工具設計製作
担当者 鈴木 勝博 (社長)

関連記事

  1. カクタ花農場

  2. ㈱津野田土木

  3. ㈱T&C

  4. 株式会社 東部興業

  5. 株式会社 ダイワ

  6. 有限会社 鶴見建材工業