杜このみ ドコモ, テーブルクロス カット, 杜このみ 民謡, ビヒモス 捕獲, 3人掛けソファー グレー, 成田 ニトリ 営業時間, 明石健志 Fa, パチンコ新台 勝てる, スマホベーシックプラン デメリット, 東レ 大坂なおみ 試合, 楽天 ビンゴ 当たらない, Aedマップ 愛知, ロト 買い続けた結果, 年末ジャンボ 2019, アクティベーションロック 解除 業者, 池袋ウエストゲートパーク 名言, 抽選 が 当たる スピリチュアル, テニスワールドツアー 収録選手, 平成の歌姫 薬物, ニトリ 駐車場 無料, 隕石 習志野 マンション どこ, 薄桜鬼 シリーズ アニメ, 二ノ国 クロスワールド Switch, 青山新 身長, ダイニングテーブル おすすめ, ...">

スハルト 開発独裁

 プラボウォ氏は東ティモール侵攻時の人権侵害への関与が疑われており、米国は同氏の入国を認めていない。ファジル氏は「振る舞いを変えることができても、過去は変えられない」と話し、プラボウォ氏らへの不信感を隠さない。 ■活動家ファジル氏の後悔  スハルト体制下で事業を成功させるにはスハルト一家とその取り巻きに接近し、献金する必要があった。贈収賄は「文化」となり、親から子、子から孫に受け継がれ、「汚職、癒着、縁故主義(KKN)」が定着。現在も与党幹部や憲法裁判所長官、州知事が収賄の疑いで逮捕され、政治も司法も官僚も汚職まみれだ。 スハルトは30年余にわたりインドネシアに独裁体制を敷いた。自らの体制を「新秩序」と呼び、「安定」と「開発」を国家課題に掲げ、強権支配を正当化しようとした(開発独裁)。半面、公私の区別はあいまいになり、腐敗・汚職がまんえん。  スハルト氏は言論の自由を奪い、学生団体の結成や集会も禁止した。74年の反日暴動「マラリ事件」で体制への不満が表面化したことが契機だった。 ■政界現役の元側近たち  スハルト氏は生前、「1人当たりの国民総生産は70ドルの最貧国から千ドル(97年=通貨下落以前)」(日本経済新聞「私の履歴書」)に成長したと功績を語った。  経済開発と、虐殺や汚職。スハルト氏の功罪は盛んに議論されてきたが、サイラス調査グループのアンドリノフ・チャニアゴ氏は「人材育成を妨げたことが真の罪だ」と指摘する。 ■闇の中の不正蓄財350億ドル 1月27日、スハルト第2代大統領が死去して6年を迎えた。退陣から15年の2013年、かつての独裁体制と現体制のどちらが良いか聞いた調査で国民の57・7%が「現体制の方が良い」と答えたが、負の遺産を今も引きずる。選挙の今年、スハルト体制を支えた人物が次期大統領の座を狙い、旧体制で生まれた汚職文化も根強く残る。 1月27日、スハルト第2代大統領が死去して6年を迎えた。退陣から15年の2013年、かつての独裁体制と現体制のどちらが良いか聞いた調査で国民の57・7%が「現体制の方が良い」と答えたが、負の遺産を今も引きずる。選挙の今年、スハルト体制を支えた人物が次期大統領の座を狙い、旧体制で生まれた汚職文化も根強く残る。  しかし、ファジル氏は「民主化後も彼の影響力が残ってしまった」と後悔する。共産党員の虐殺など人権侵害事件の解明は進まず、旧体制を支えた人物は今も政界で健在だ。  一方、一家で312〜350社(タイム誌アジア版)を経営し、強大な権力を利用して150億〜350億ドル(国連機関調べ)を不正に蓄えたとされる。  ファジル氏も抗議活動を計画したとして逮捕され、89年から3年間の獄中生活を経験。抗議活動のさなかに頭部を打ち抜かれて死亡した友人もいたという。長い格闘の末に勝ち取った民主化だった。  アンドリノフ氏は、汚職文化がまん延したため実力で成功を目指す健全な人材が育たず、インドネシアの発展に悪影響を及ぼしていると見ている。 フィリピンのマルコス政権やインドネシアのスハルト政権、タイのサリット政権といった「開発独裁」国家では、開発政策を推進する上で、軍部出身者や国家官僚などの少数のエリートが権力を独占して国家運営を行なった。  スハルト氏が残した負の遺産は大きい。(田村隼哉)  スハルト氏 戦略予備軍司令官だった65年、共産党系将校らのクーデター未遂事件「9月30日事件」を鎮圧、翌66年、スカルノ大統領(当時)から治安権限を奪った。68年、大統領に就任し、国軍が国防と政治を担う「二重機能論」を基に軍事独裁体制を築いた。在任32年間で外国資本を積極的に受け入れて経済開発にまい進。コメの完全自給や人口の抑制に成功し、「建国の父」スカルノに対して「開発の父」と呼ばれた。97〜98年のアジア通貨危機で国内経済が悪化、翌98年5月の暴動のさなかに退陣した。.  スハルト政権崩壊前後の学生運動を主導したファジル・ラフマン氏は1998年当時、スハルト氏さえ退陣すれば状況が好転すると考えていたが、甘かった。 >「博物館、Tシャツ…高まるスハルト人気 インドネシア」(朝日新聞) 朝日新聞はインドネシアで「開発独裁」を推し進めた故スハルト元大統領の人気が高まっている。政権が崩壊してから15年。背景には、最近の治安の悪化や物価の上昇があるようだ。 開発独裁 スハルト大統領は「新秩序」と「開発の時代」を掲げ、外国資本の積極的な導入による石油資源の開発をはじめとする開発優先の政策を展開し、強大な陸軍の指示を背景に独裁体制を築いた。 スハルトは国民の自由や文化を抑制しつつ、国軍と官僚が主導で開発独裁を行いました。 インドネシアは原油が豊富に取れる資源国でしたが、原油にばかり産業が依存すると、世界の原油価格の変動で景気が浮き沈むするという問題を抱えていました。  政権崩壊後、国は不正蓄財の全容を明らかにしようとスハルト氏を提訴したが、同氏は体調の悪化を理由に出廷を拒んだまま死去。実態は闇に葬られた。  グリンドラ党のプラボウォ・スビアント氏は98年当時、戦略予備軍司令官で、ハヌラ党のウィラント氏は国軍司令官、ゴルカル党のアブリザル・バクリー氏は商工会議所(カディン)の会頭だった。陰に陽に旧体制を支えた彼らは次期大統領候補でもある。 1968年大統領に就任し、その後30年に渡ってインドネシアを治めたスハルト大統領もまた開発独裁を行った事で知られています。 スハルト大統領は国民の自由や政治への参加を徹底的に抑制し、自らが国軍と官僚を率いて開発独裁を行いました。 開発独裁の典型例 大韓民国(韓国)の李承晩政権および朴正煕政権、フィリピンのマルコス政権、インドネシアのスハルト政権、イランのパフレヴィー政権などがその典型例とされる。またタイのサリット政権とその後の軍事政権も一種の開発独裁である。 ■汚職、癒着、縁故主義で人材育たず

杜このみ ドコモ, テーブルクロス カット, 杜このみ 民謡, ビヒモス 捕獲, 3人掛けソファー グレー, 成田 ニトリ 営業時間, 明石健志 Fa, パチンコ新台 勝てる, スマホベーシックプラン デメリット, 東レ 大坂なおみ 試合, 楽天 ビンゴ 当たらない, Aedマップ 愛知, ロト 買い続けた結果, 年末ジャンボ 2019, アクティベーションロック 解除 業者, 池袋ウエストゲートパーク 名言, 抽選 が 当たる スピリチュアル, テニスワールドツアー 収録選手, 平成の歌姫 薬物, ニトリ 駐車場 無料, 隕石 習志野 マンション どこ, 薄桜鬼 シリーズ アニメ, 二ノ国 クロスワールド Switch, 青山新 身長, ダイニングテーブル おすすめ,

関連記事

  1. 桃畑Shinka.

  2. 有限会社 海老原善次商店