ガンダムクロスオーバー 朝一, 神田うの 娘 バイオリン ストーリー, ソファーベッド 安い 送料無料, ニトリ 業績, 強震モニタ 千葉, 石川さゆり 娘 病気, シバター 結婚 ブログ, 手塚国光 かっこいい, 宝くじ 使い道 運用, アサシンクリード オリジンズ Dlc セール, Ps5 予約ヤマダ電機, 武藤双六 使用カード, 千葉県北西部 地震の巣, ダニエル 聖書, ワイモバイル デメリット 知恵袋, ソフトバンク 年俸 高すぎ, みなとみらい ニトリ 駐車場, ジャンボ宝くじ 2020 当選番号, ワンピース フィギュア, 轟焦凍 イラスト, 第770回年末ジャンボ宝くじ ハズレ券, アート引越センター 粗大ゴミ, 市川由紀乃 結婚相手, 宝くじ 換金場所, セレブ レーション ホテル 子供料金, 石 つぶ て 配信, パンテーンミラクルズ 値段, 山田哲人 成績, フランスベッド ソファーベッド スイミー, セレブ レーション ホテル チェックアウト 荷物, ソファ 2人掛け おしゃれ, Uqモバイルキャンペーン 9月, ユーチューブ はじめしゃちょーダンス, ...">

神奈川地震 過去

1946年:南海地震 マグニチュード8.0 出典:地震本部 神奈川県の地震活動の特徴 1855年:安政江戸地震 マグニチュード7.0~7.1 最後の地震活動 1853年:嘉永小田原地震 マグニチュード6.7 パンフレットやこども向けのキッズページなど、防災・減災に広く活用いただくための資料を集めています, 地震調査研究に関する国の予算や地震本部でこれまでとりまとめた報告書を掲載しています, 文部科学省がすすめている研究プロジェクトなどの報告書や、関係機関の調査観測データベースへのリンクを掲載しています, 神奈川県に被害を及ぼす地震は、主に相模湾から房総半島南東沖にかけてのプレート境界付近で発生する地震と、陸域の様々な深さの場所で発生する地震です。, 神奈川県とその周辺の主な被害地震(図をクリックすると拡大表示) 2009年:八丈島東方沖 マグニチュード6.6 30年以内の発生確率:60~70%, 相模トラフ(プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震・首都直下地震) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 出典:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html, 地震には、大きく分けて「プレート間地震」「プレート境界地震」と呼ばれるものとプレート内で起こるもので「プレート内地震」に分けられます。, 神奈川県では、相模湾~房総半島南東沖にかけてのプレート境界付近、陸地の様々な深さで地震が起きる可能性があります。, 特に、相模トラフ(首都直下地震)や南海トラフなどは、近い将来に巨大地震を引き起こす可能性があるので注意する必要があります。, 相模トラフによるマグニチュード8クラスの地震の可能性は低くなっていますが、沈み込むプレート内で起こるマグニチュード6.7~7.3規模の首都直下地震は、今後30年以内に70%と高確率。, 南海トラフ巨大地震もマグニチュード8~9が70~80%とかなり確率が高くなっています。, ※2020年1月1日算出 1923年:大正関東地震 マグニチュード7.9~8.1 1605年:慶長地震 マグニチュード7.9 22.3m/s、瞬間最大風速 34.9m/s。死者1人、家屋全・半壊19棟、床上浸水148棟、床下浸水1530棟、山・崖崩れ11ヶ所。, 鳥島西方を北上し、紀伊半島に26日上陸、中部地方を通り、富山県から日本海へ出て、再び東北北部を通り、北海道南東海上を東進。総雨量は県央から東部は250mm以下、丹沢山地300mm以上。鳥屋346.4mm、真鶴196.0mm、半原148.8mm、相模原121.6mm、西生田100.0mm。横浜75.1mm、最大風速 南南東 震央分布図 2020年10月25日10:00現在. 1895年:霞ヶ浦付近 マグニチュード7.2 神奈川県の過去の主な地震 太平洋・相模湾. ※2020年1月1日算出  県西部地域では、1633年の相模・駿河・伊豆の地震(M7.0)、1782年の相模・武蔵・甲斐の地震(M7.0)、1853年の小田原付近の地震(M6.7)などのM7程度の被害地震が繰り返し発生してきました。これらの地震と1703年の元禄地震(M7.9~8.2)、1923年の関東地震(M7.9)の発生年数などから、この地域に被害を及ぼす大地震が、約70年間隔でほぼ規則的に繰り返し発生し、現在は次の発生時期にあたっているという説が出されています。これは、歴史の資料の解釈に基づくと同時に、フィリピン海プレート上の伊豆半島が陸側のプレートの下に沈み込めずに衝突しているために、関東地方の下に沈み込むフィリピン海プレートと伊豆半島の間が、裂けるような形で破壊されなければならないという考えに依っています。一方で、この説に関してはいくつかの異論も唱えられています。 1649年:武蔵・下野 マグニチュード7.0±1/4 地震の間隔:1,900年~4,900年程度, 主部(武山断層帯) 関東大震災の余震。神奈川県中南部で被害大。死者13人。負傷者466人。, 震度6:横浜 ただ、神奈川県を揺らす地震は神奈川県内というよりは、周辺地域で起こった余波により揺れていることが多いようです。 参照元「気象庁hp」 過去の地震の被害. 21.0m/s。死者4人、行方不明者1人、負傷者8人、家屋全壊29戸、半壊23戸、床上浸水57戸、床下浸水1073戸、山・崖崩れ194ヶ所、田畑冠水、農作物被害大。, 沖縄西方から九州南部に14日上陸、中国地方を通り山陰沖から日本海沿岸、酒田付近で東北の太平洋側に移り、三陸沖へ。総雨量は西部山地で100mm以上、平野部で100mm以下。鳥屋134.5mm、湯本97.8mm、仙石原92.9mm、厚木75.5mm。横浜51.2mm、最大風速 西南西   【 神奈川県に被害を及ぼした主な地震 】  【 リンク 】, 地震調査研究推進本部事務局 地震の間隔:45,000~71,000年程度, ②立川断層帯 1944年:東南海地震 マグニチュード7.9 最後の地震活動:2011年(東北地方太平洋沖地震) 最後の地震活動:約10,000年前以後 2007年:神奈川西部地震 マグニチュード4.9, 東京(江戸)の荒川河口付近で発生した1855年の安政江戸地震(マグニチュード7.0~7.1)では、4,000名ほどの犠牲者を出しています。, さらに、1894年の明治東京地震(マグニチュード7.0)では31名(東京24名、神奈川7名)が亡くなりました。, 国が公表している活断層による地震の発生確率はいずれも低くなっていますが、プレートの深い場所を震源とした大地震の可能性があります。, 隣接する県での地震の影響を受けることもあるので、周辺の情報もチェックしておくように心がけておきましょう。, 神奈川県で注意すべきなの、相模トラフによる「首都直下地震」や「南海トラフ巨大地震」です。, 沈み込んだプレート内の地震  1855年の(安政)江戸地震(M6.9)や(明治)東京地震と呼ばれる1894年の地震(M7.0)、1930年の北伊豆地震(M7.3)など周辺地域で発生する地震や東海沖・南海沖などの太平洋側沖合で発生するプレート境界付近で発生する地震によっても被害を受けたことがあります。さらに、外国の地震によっても津波被害を受けたことがあります。 最後の地震活動:約20,000年前~13,000年前 地震の間隔:10,000年~15,000年程度, ③曽根丘陵断層帯 被 害 の 状 況. 主部(衣笠・北武断層帯) 26.5m/s、最大瞬間風速 41.4m/s。死者9人、行方不明者1人、負傷者69人、家屋全壊158棟、半壊1091棟、床上浸水64棟、床下浸水621棟、山・崖崩れ18ヶ所、耕地・農作物被害大。, 沖縄南大東島付近から北東進し、関東の南沖・房総半島沖から三陸沖へ。総雨量は三浦半島南端で200mm以下、他は200mmを超え、多い所で400mm以上で雨台風。芦ノ湯405mm、鳥屋403mm、都田340mm、上溝304mm、平塚269mm、横須賀252mm、横浜268mm。死者41人、負傷者63人、家屋全壊61棟、半壊72棟、床上浸水9816棟、床下浸水18767棟、堤防決壊25ヶ所、山・崖崩れ650ヶ所、農林業被害大。, 沖縄の東から奄美大島付近を通り、四国室戸岬西方に16日上陸、阪神間に再上陸して、北海道西岸沿いを北上しオホーツク海へ。総雨量は丹沢山地で100~200mm、平野部は50mm以下。風は南よりの風強く、沿岸地域で塩害があった。与瀬173mm、鳥屋144mm、仙石原36mm、溝ノ口23mm、西生田18mm、厚木10mm、平塚6mm。横浜5mm、最大風速 南 地震の間隔:800年程度以上, 平山-松田北断層帯 マグニチュード:8~9クラス 1894年:明治東京地震(東京湾北部) マグニチュード7.0 1615年:江戸 マグニチュード6 1/4~6 3/4 南海:1946年12月21日(昭和南海地震) 震央分布図 2020年10月25日10:00現在. 878年:相模・武蔵地震 マグニチュード7.4 相模湾(関東地震) 震度6:横浜 東京、神奈川を中心に甚大な被害。震後各地で火災が発生し被害増大。津波発生。死者・行方不明約32000人。重軽傷者約20000人。 【このページの先頭へ】 火山(箱根山)災害. 最後の地震活動:1923年9月1日(大正関東地震) 1924年:丹沢地震 マグニチュード7.3 ケースa 44.8m/s。死者2人、負傷者21人、家屋全壊32戸、半壊102戸、稲・果樹・桑・そば等に被害。, 震度5強:横浜市、川崎市、寒川町、二宮町、小田原市 1257年:鎌倉 マグニチュード7.0 沖縄東方を北上し、沖永良部島付近に停滞(31日)後西進し中国大陸へ。一方熱帯低気圧が本州南海上にあり、双方の影響で東部や南部が大雨となる。日吉264mm、三浦217mm、江ノ島190mm、海老名158mm、横浜234mm。川崎市で崖崩れ(1日)、死者6人、負傷者11人、床上浸水738棟、床下浸水1715棟、崖崩れ38ヶ所。, 南岸低気圧。24日9時、箱根62cm、相模原17cm、日吉12cm、横浜4cm。風雪強く、横浜最大風速  負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。(被害状況の出所先:神奈川県), 東日本の太平洋沿岸を低気圧が発達しながら東進し、28日の午前中を中心に雨が強まった。日降水量 辻堂139.5㎜、最大1時間降水量 辻堂40.0㎜。 24.4m/s(26日)、最大瞬間風速 南南東 36.0m/s。死者4人、負傷者11人、家屋全壊38棟、半壊76棟、床下浸水115棟、山・崖崩れ33ヶ所、農作物・送電線等塩風害あり。, 鳥島西方から北北東進し、伊豆半島南沖を通り、江ノ島付近に27日上陸、県東部・東京を通り鹿島灘へ。秋雨前線が停滞し大雨となる。仙石原393.6mm、鳥屋385.6mm、都田370.0mm、西生田346.3mm、厚木267.5mm、三崎240.0mm、松田86.7mm。横浜321.2mm、最大風速 南東 、最大瞬間風速横浜39.9m/s。この大雨や強風により、1人死亡、43人負傷、住宅全壊3棟、半壊991棟、床上浸水1071棟、床下浸水1303棟。道路損壊91ヵ所、鉄軌道被害6ヵ所、山崩れ・地すべり185ヵ所、船舶被害5隻、農業被害482ha、129ヵ所1億9602万円、陸上交通一時不通25件、海上交通欠航41便、電力被害停電47215戸。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第21号は10月1日20時頃三浦半島を通過し、20時半頃川崎市付近に上陸した。その後も強い勢力を維持して関東地方から東北地方の太平洋側を北上した。日降水量箱根342mm、最大瞬間風速横浜34.1m/s、最大風速辻堂14.0m/s。この大雨や強風により、死者2人、負傷者10人、床上浸水16棟、床下浸水152棟。(被害状況の出所先:神奈川県), 13日に紀伊半島の南海上で弱い熱帯低気圧が発生し、14日22時頃には関東地方の内陸部を北に進み、その後は日本海に抜けた。14日,日降水量相模湖302㎜、相模原298㎜、丹沢湖229㎜、海老名172㎜。この大雨により河川が増水し、山北町の玄倉川と藤野町の道志川では、15人が流され死亡または行方不明となった。家屋全壊1棟、床上浸水76棟、床下浸水37棟、道路損壊10ヵ所。崖崩れ2カ所、河川の損壊1ヵ所。(被害状況の出所先:神奈川県), 梅雨明け特定できず。横浜平均気温7月21.9℃(平年比-2.6℃)、8月24.5℃(同-1.9℃)、9月22.3℃(同-0.4℃)。降水量7月350.0㎜(平年比259%)、8月336.5㎜(同230%)、9月158.0㎜(同80%)。日照時間7月81.3時間(平年比52%)、8月137.4時間(同69%)、9月109.9時間(同89%)。野菜・果樹等約20億円被害。, 沖縄の南東を北東進し、銚子の南東沖(19日)を通り三陸沖へ。総降水量相模原393㎜、海老名・箱根305㎜、小田原290㎜、丹沢湖289㎜、平塚248㎜、横浜256㎜。小河川溢水による浸水多い。死者2人、負傷者5人、床上浸水537棟、床下浸水1523棟、がけ崩れ272か所。, 沖縄西方から北東進し、紀伊半島に30日上陸、東海道沿い・関東南部(県内)を通り、房総半島を経て鹿島灘で温帯低気圧となる。日降水量江ノ島211㎜、小田原・三浦208㎜、箱根202㎜、相模原・丹沢湖190㎜、横浜185㎜。小河川溢水多い。床上浸水1125棟、床下浸水2033棟、がけ崩れ274か所。. 32.5m/s、最大瞬間風速44.3m/s。死者22人、行方不明者2人、負傷者87人、家屋全壊584戸、半壊1583戸、流失97戸、床上浸水3287戸、床下浸水15721戸、堤防決壊85ヶ所、橋梁流失23ヶ所、船舶流失134隻、山・崖崩れ19ヶ所、他農作物被害大。, 太平洋側に梅雨前線停滞。台風が九州に上陸(20日)前から前線が活発化し大雨発生。相模川以西で200mm以上の大雨の所多い。鳥屋269.9mm、湯本258.2mm、厚木253.3mm、秦野225.0mm、溝ノ口200.5mm、横浜196.8mm。浸水家屋は、川崎・横須賀で多い。家屋半壊5戸、床上浸水64戸、床下浸水1007戸、堤防決壊74ヶ所、橋梁流失5ヶ所。, 紀伊半島沖から北東進し、伊豆半島南端・大島付近を通り房総半島南部に上陸、銚子付近から北海道東方沖へ。総雨量は平野部では少なく、箱根山系で多く、早川・酒匂川の洪水、通過直前の東・南東風強く、東京湾・相模湾高潮発生。鳥屋465.1mm、中川(山北町)389.1mm、松田378.3mm、湯本334.0mm、秦野318.0mm、鎌倉180.2mm、横浜158.6mm。死者19人、行方不明者11人、負傷者23人、家屋全壊99戸、半壊104戸、流失108戸、床上浸水3537戸、床下浸水3334戸、堤防決壊227ヶ所、橋梁流失99ヶ所、船舶流失・沈没48隻、その他農作物被害大。, 硫黄島西方500kmを北上、前面の前線顕著となり関東南部で停滞、台風は伊豆半島沖を北東進し、房総半島南端をかすめて三陸沖へ。関東西部山岳部で大雨となる。鳥屋643.4mm、煤ヶ谷544.0mm、湯本532.3mm、与瀬519.6mm、溝ノ口380.0mm、大山376.2mm、横浜167.6mm。相模川以西で300mm以上、東部は100~250mmの大雨。死者1人、行方不明者1人、負傷者5人、床上浸水681戸、床下浸水5380戸、堤防決壊18ヶ所。, 沖縄東方から室戸岬付近(四国)に21日上陸、中部・東北地方通り、三陸沖へ。被害は暴風が主で横浜 南南西 25.7m/s、横須賀 南南西 26.0m/s、箱根山 南南西 震度データベース検索(過去地震の検索)のページへ ; 緊急地震速報の発表状況へ; 推計震度分布図のページへ(震度5弱以上を観測した場合に発表) 長周期地震動に関する観測情報のページへ. 震度1以上を観測した地震の震央を地図上に表示。どこで地震が頻発しているかを見ることができます。  また、東部の所々で雷を伴った強風が吹き、負傷者7人、住家半壊・一部破損5棟、他に停電。(被害状況の出所先:神奈川県), 本州上に停滞している前線に向かって南から非常に湿った空気が流れ込み、28日昼前から昼過ぎにかけて県西部、28日夕方から29日明け方にかけては県東部を中心に雷を伴う激しい雨が降り、28日22時から23時までの1時間に相模原市津久井町付近で120㎜以上の猛烈な雨を解析した。日最大1時間降水量 相模原中央62.0㎜, 海老名45.5㎜。  神奈川県の主要な活断層には、県中部に南北に延びる伊勢原断層、静岡県との県境の丹沢山地南縁から相模湾に延びる塩沢断層帯・平山−松田北断層帯・国府津−松田断層帯(神縄・国府津−松田断層帯)、三浦半島中南部とその周辺海域に分布する三浦半島断層群、県西部から伊豆半島に延びる北伊豆断層帯があります。また、県内に被害を及ぼす可能性のある海溝型地震には、相模トラフ沿いで発生する地震などがあります。 塩沢断層帯 19.6m/s、最大瞬間風速 40.8m/s。死者7人、負傷者18人、家屋全壊10棟、半壊23棟、床上浸水142棟、床下浸水300棟、堤防決壊78ヶ所、山・崖崩れ125ヶ所。農林水産業被害大。, 沖縄付近から北東進し、紀伊半島に19日上陸、中部地方・東北地方・北海道東部を通りオホーツク海へ。総雨量は箱根から丹沢山地300mm以上、他100~200mm。玄倉332mm、芦ノ湯324mm、相模湖277mm、相模原202mm、小田原188mm、三浦146mm。横浜124mm、19日最大風速 南南西 2005年:宮城県沖 マグニチュード7.2 1992年:東京湾南部(浦賀水道付近)マグニチュード5.9  住家半壊・一部破損2棟、床上浸水1棟、床下浸水196棟、山がけ崩れ3箇所。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風18号が、8日午前5時過ぎに愛知県知多半島付近に上陸した後、暴風域を伴いながら本州を縦断した。県内では7日夜遅くから雨が強まり、8日の未明から明け方のかけては、20~30㎜の1時間降水量を観測。また、8日未明から風も強まった。最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、最大1時間降水量 三浦54.5㎜。  行方不明者2人、負傷者14人、住家半壊・一部破損55棟、床上浸水35棟、床下浸水72棟、山がけ崩れ9箇所、他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電。(被害状況の出所先:神奈川県), 8日夜から9日の明け方にかけて、本州の南海上にある停滞前線が活発となって強い雨が降った。台風第22号の接近に伴い9日昼過ぎから再び強い雨が降り出し、15時頃からは風も強く吹き始めた。台風は17時に横須賀市付近を通り、関東の東海上へ抜けた。日降水量箱根242㎜(9日)、最大風速横浜19.8m/s  1782年:天明小田原地震 マグニチュード7.0 最後の地震活動:約6,200年前以後、約5,800以前 ケースb=最新活動時期は6世紀以後、9世紀以前、もしくはそれ以後であった可能性 最後の地震活動:不明 21.8m/s、最大瞬間風速 南西 31.8m/s。死者1人、床下浸水93戸。, 沖縄東方から北東進し、八丈島付近を通り東方海上へ。県内総雨量100mm前後で風の被害によるものが主。鎌倉109.0mm、鳥屋106.0mm、大山105.0mm、上溝103.5mm。横浜104.7mm、最大風速 北 神奈川県 被害地震史 一覧. 深谷断層帯・綾瀬川断層(関東平野北西縁断層帯・元荒川断層帯)の長期評価(一部改訂), 塩沢断層帯・平山−松田北断層帯・国府津−松田断層帯(神縄・国府津−松田断層帯)の長期評価(第二版), 国立研究開発法人産業技術総合研究所 内陸及び沿岸海域の活断層調査 平成29年度成果報告書(鴨川低地断層帯(千葉県)), 群馬県 平成9年度 関東平野北西縁断層帯(平井断層・神川断層)に関する調査成果報告書, 独立行政法人産業技術総合研究所 平成20年度 関東平野北西縁断層帯(平井−櫛挽断層帯)の活動性及び活動履歴調査(「活断層の追加・補完調査」成果報告書 No.H20−4), 国立研究開発法人産業技術総合研究所 内陸及び沿岸海域の活断層調査 平成28年度成果報告書(綾瀬川断層(伊奈—川口区間)(埼玉県)), 東京都 平成9年度 立川断層に関する調査(反射法弾性波探査)に関する調査成果報告書, 独立行政法人産業技術総合研究所 平成19年度 神縄・国府津−松田断層帯の活動性調査(「基盤的調査観測対象断層帯の追加・補完調査」成果報告書 No.H19−2), 独立行政法人産業技術総合研究所 平成18年度 富士川河口断層帯の活動性および活動履歴調査(「基盤的調査観測対象断層帯の追加・補完調査」成果報告書 No.H18−4), 独立行政法人産業技術総合研究所 平成17年度 曽根丘陵断層帯の活動性および活動履歴調査(「基盤的調査観測対象断層帯の追加・補完調査」成果報告書 No.H17−4), 国立研究開発法人産業技術総合研究所 内陸及び沿岸海域の活断層調査 平成28年度成果報告書(曽根丘陵断層帯(山梨県)), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (令和2年4月10日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成31年3月11日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成30年3月9日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成29年3月9日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成28年3月9日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成27年3月10日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成26年3月11日公表), 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」以降の地震活動の評価 (平成25年3月11日公表), 鎌倉で社寺・家屋倒壊、焼失などの被害。死者数、数千から23,000人余の諸説あり。, 小田原で最も被害が大きく、小田原市内で死者150人、家屋全壊多数。箱根でも死者あり。, 沿岸部を中心に甚大な被害。小田原領内で、死者2,291人、家屋全壊8,007棟。津波による被害もあり。, 死者・行方不明者33,067人、住家全壊62,887棟、住家焼失68,569棟、住家流出埋没136棟。, 死者6人、負傷者137人、住家半壊41棟 (平成31年3月1日現在、消防庁調べ)。. 30年以内の発生確率:70~80%, それだけでなく、陸地でも過去に多くの地震が起きていますので、神奈川や近隣の県にお住まいの方は十分に警戒しておきましょう。, 30年以内ならまだ平気でしょ・・・などと油断せず、防災グッズ、備蓄、被災時の行動、避難場所の確認、家族での話し合いなど、しっかりと備えておくようにしましょう。. 地震の間隔:1,600年~1,900年程度, 1498年:東海道全般 マグニチュード8.2~8.4 神奈川県の「防災・消防」のページです。地域防災計画、地震被害想定調査報告書等を閲覧できます。 神奈川県温泉地学研究所 神奈川県温泉地学研究所のホームページです。神奈川県内の震源分布図及び地殻変動データを閲覧できます。 横浜市 防災の種 30年以内の発生確率:70%程度, 南海トラフ巨大地震 最後の地震活動:約2,300年前~1,900年前 東京、神奈川を中心に甚大な被害。震後各地で火災が発生し被害増大。津波発生。死者・行方不明約32000人。重軽傷者約20000人。, 前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東進し、寒冷前線が県内通過。最大瞬間風速 三浦 23.3m/s、横浜 15.9m/s。横浜市で倒木や屋根瓦のめくり等家屋の破損複数、台車上のコンテナの横転や駐車中の車両の窓ガラスの破損被害。負傷者1名。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第19号は伊豆諸島北部を北北東に進み、12日19時頃に伊豆半島に上陸後、関東地方を通過。期間降水量(10日~13日) 箱根 1001.5mm、相模湖 631mm。 1時間最大降水量 箱根 85.0mm、丹沢湖 81.5mm。最大瞬間風速 横浜 43.8m/s、辻堂 35.3m/s。日降水量(12日)で箱根(922.5mm)が歴代全国1位。県内で初の大雨特別警報発表。土砂崩れにより相模原市では複数の死者。多摩川氾濫により浸水被害が発生。負傷者・住家等被害多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第15号は伊豆諸島北部を北北東に進み、09日05時頃に千葉県千葉市付近に上陸後、関東地方を北東進。期間降水量(8日~9日) 箱根251.5mm。1時間最大降水量 横浜72.0mm。最大瞬間風速 横浜41.8m/s、三浦 41.7m/s。高潮と高波により横浜市内の沿岸部の建物で浸水被害が多数発生。負傷者・住家等被害多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第24号は四国の南海上を北東に進み、30日20時頃和歌山県に上陸後、東日本を北東進。最大風速 辻堂 25.5m/s、横浜 19.1m/s、最大瞬間風速 横浜 38.5m/s。負傷者多数。住家半壊・一部損壊多数。相模原市緑区で土石流により国道413号線が通行止め。暴風・塩風害による農業被害、船舶被害、停電が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第21号は日本の南海上を北上し、4日12時頃徳島県に上陸後、日本海沿岸を北上。最大瞬間風速 横浜(4日) 25.9m/s。県内で負傷者多数。鎌倉市や藤沢市などで停電多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 伊豆諸島の東海上から西進。28日夜に神奈川県に最接近。29日午前1時頃三重県に上陸し、西日本を西進。大潮期間の満潮時刻過ぎに台風に伴う、うねりが重なって西湘地域に高波が5~8m以上の高さで到達した。最大瞬間風速 横浜 18.6m/s、三浦 25.2m/s。小田原市の国道135号線で高波による冠水で車両が立往生。小田原漁港では建築中の施設が被害。真鶴町では住家半壊、湯河原町では海の家が高波を受け全壊。負傷者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 太平洋高気圧に覆われ、県内は気温が高くなった。日最高気温 横浜 35.1℃、海老名 35.5℃。日平均気温 横浜 30.3℃、海老名 30.5℃。 熱中症により横浜市内で死者。県内搬送者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 太平洋高気圧に覆われ、県内は気温の高い日が続いた。日最高気温 横浜(25日) 32.1℃。期間平均気温(25日~7月1日) 横浜 26.5℃、海老名 26.7℃。 熱中症による人的被害が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 前線を伴った低気圧が発達しながら本州の南海上を東北東へ進み、神奈川県内は22日夕方から雪が強まり大雪となった。最深積雪(横浜)18cm。負傷者多数。鎌倉市、横須賀市及び葉山町で多数の世帯が停電。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第22号が本州の南海上を東北東に進んだ。最大瞬間風速 三浦 20.4m/s 横浜 20.0m/s。期間降水量(10月29日~11月6日) 三浦 142.5mm、横浜 131.5mm。猿島で土砂崩れが発生し負傷者。(被害状況の出所先:神奈川県), 超大型の非常に強い台風第21号が静岡県御前崎市付近に上陸後、暴風域を伴ったまま関東地方を北東に進んだ。期間降水量(22日~23日) 相模原中央 308.5mm。最大1時間降水量 相模原中央 56.0mm。最大瞬間風速 三浦 34.8m/s 横浜 32.3m/s。最高潮位 横浜 156cm、小田原 91cm。人的被害(負傷者)、停電が多数発生。高波・高潮によって江ノ島岩屋、西湘バイパス、港湾施設などが被害。(被害状況の出所先:神奈川県), 関東地方の上空に寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となった。最大1時間降水量 三浦 32.5mm。最大瞬間風速 三浦 23.2m/s。日最高気温 海老名 34.7℃。県内の多数の世帯が停電。(被害状況の出所先:神奈川県), 関東地方と日本海にある低気圧により神奈川県内では所々で激しい雨が降り、南よりの強風が吹いた。最大瞬間風速 辻堂 20.8m/s、横浜 24.0m/s。歩行中の転倒などによる負傷者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 日本海にある発達中の低気圧から延びる寒冷前線が20日午後関東甲信地方を通過した。最大瞬間風速 三浦 27.3m/s、横浜 25.2m/s。負傷者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 前線を伴った低気圧が沿海州付近にあって、急速に発達しながら東に進んだ。最大瞬間風速 辻堂 20.5m/s、横浜 24.2m/s。川崎市と南足柄市で人的被害(負傷者)。(被害状況の出所先:神奈川県), 前線を伴った低気圧が関東の南海上を東進し、上空に寒気が流入したため、神奈川県全域で雪となった。歩行中の転倒などによる負傷者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第9号は千葉県館山市付近に上陸後、本州を北上した。最大瞬間風速 三浦 26.2m/s、横浜 22.3m/s。期間降水量(21日~22日) 箱根 290.5mm。1時間最大降水量 相模原中央 78.5mm。人的被害(死者、負傷者)、建築被害(住家半壊・一部破損)が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 前線を伴った低気圧が急速に発達しながら、日本海を東北東に進んだ。神奈川県では気圧の傾きが大きくなり、海上を中心に南よりの風が非常に強く吹いた。最大瞬間風速 横浜 29.5m/s。人的被害(負傷者)、建築被害(住家一部破損)が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 気圧の谷や日本海北部の低気圧からのびる寒冷前線の影響で海上を中心に強風となった。最大風速 小田原 13.4m/s。小田原市の公園内でエアー式の大型滑り台が強風にあおられて倒れ、遊んでいた子どもらが負傷。(被害状況の出所先:神奈川県), 日本付近は冬型の気圧配置が強まった。最大瞬間風速 三浦 24.1m/s、横浜 19.9m/s。藤沢市辻堂で工事用の足場が倒壊し、人的被害(負傷者)あり。(被害状況の出所先:神奈川県), 発達中の低気圧が本州南岸を東北東進し、神奈川県内は大雪となった。横浜における最深積雪 5cm。期間平均気温(17日~18日) 海老名 4.8℃、横浜 5.5℃。負傷者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となった。最大瞬間風速 横浜 25.9m/s。最大1時間降水量 平塚 41.0mm、横浜 15.5mm。強風による人的被害(負傷者)が発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 関東南部に前線が停滞し、暖かく湿った空気が流入したため、大気の状態が非常に不安定となり、藤沢市から横浜市泉区にかけて竜巻が発生した。建築被害(住家一部損壊)が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 前線を伴った本州南岸の低気圧の影響で大雪となった。相模原では30日11時に積雪5cm。雪による転倒で負傷者が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 関東南海上の停滞前線の影響による雨が降り始め、台風の接近・通過で大雨となった。最大瞬間風速 三浦 38.5m/s、横浜 28.5m/s。期間降水量(5日~6日) 海老名 372.0mm、横浜 352.0mm、最大1時間降水量 平塚 72.0mm、横浜 51.0mm。人的被害(死者・行方不明者、負傷者)、建築被害(床上・床下浸水、住家一部破損)、山崖崩れ及び農業被害が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 関東甲信地方の上空に寒気が流れ込んだため、大気の状態が不安定になった。最大1時間降水量 海老名 32.0mm。落雷による人的被害(負傷者)と停電が発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 低気圧の接近・通過と上空の寒気の影響により、神奈川県では大雪となった。横浜における最深積雪 28cm。期間平均気温(14~15日) 海老名 2.1℃、横浜 2.7℃。雪による転倒やスリップ事故により負傷者多数。道路の通行止めや鉄道の運転見合わせ等の交通障害によって帰宅困難者が相次ぐ。秦野市戸川の萩山林道でなだれが発生し、除雪作業に向かったトラック2台が被災。積雪による屋根損壊等の建築被害が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 低気圧の接近・通過と上空の寒気の影響により、神奈川県では大雪となった。最深積雪 横浜 16cm。最大瞬間風速 三浦 34.2m/s、横浜 24.1m/s。期間平均気温(8日) 海老名 ‐0.1℃、横浜 0.3℃。雪による転倒やスリップ事故などで、県内の広い範囲で負傷者多数。陸上及び海上交通が混乱。多数の世帯が停電。(被害状況の出所先:神奈川県), 低気圧が日本海を発達しながら北東に進み、低気圧から延びる寒冷前線が関東甲信地方を通過したため、県内では25日夜のはじめ頃から夜遅くにかけて風が強まった。最大瞬間風速 横浜 24.0m/s。強風の影響により、人的被害(負傷者)が多数発生。鉄道交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第26号が16日明け方に関東地方沿岸に接近し、その後、関東の東海上を北上したため、県内では15日から16日にかけて風雨が強まった。降水量(15日6時~16日12時) 相模湖188.5mm 相模原中央205.5mm 日吉211.5mm 丹沢湖113.0mm 海老名188.5mm 横浜227.0mm 平塚129.0mm 辻堂171.0mm 箱根210.5mm 小田原139.5mm 三浦240.5mm。強風により死者、負傷者があったほか、住家被害(一部損壊、床下浸水)、道路損壊、がけ崩れが発生。陸上・海上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第18号は16日8時前に愛知県豊橋市付近に上陸した後、北東に進んだ。期間降水量(15日~16日) 丹沢湖 294.0mm、相模湖 292.5mm、箱根 276.0mm。最大1時間降水量 海老名 71.5mm。最大風速 辻堂 19.7m/s。最大瞬間風速 29.1m/s。アシカ島における最大波高 7.7m、有義波高 4.0m。強風による転倒で負傷者多数。住家被害(一部破損、浸水害)、停電が多数発生。陸上及び海上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 太平洋高気圧におおわれ、横浜、海老名、小田原では、6日から15日にかけて、日最高気温が30℃以上となった。期間平均気温(6日~15日) 海老名 28.8℃、横浜 28.6℃。熱中症により多数が救急搬送。死者を含む人的被害が発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 日本海と本州南海上にある2つの低気圧の影響で県内では6日夜に雨が強まった。期間降水量(6日~7日) 海老名 229.5mm、横浜 100.0mm。最大1時間降水量 海老名 102.0mm、横浜 37.5mm。アシカ島における最大波高 4.9m、有義波高 3.0m。横浜における最大瞬間風速 24.8m/s。建築被害(床上・床下浸水)が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 急速に発達する低気圧が本州の南海上を東北東に進み、神奈川県の広い範囲で雪となった。横浜における最深積雪 13cm。平均気温(14日) 横浜 3.4℃、小田原 4.8℃。雪下ろし作業、降雪や路面凍結による転倒などで負傷者多数。陸上及び海上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第17号は愛知県東部に上陸した後、強い勢力のまま関東地方北部を通過した。期間降水量(9月30日~10月1日) 相模湖 114.5mm。最大瞬間風速 辻堂 30.9m/s、横浜 30.4m/s。強風による転倒などで負傷者多数。住家一部損壊、停電、交通障害が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 24日夜、関東南部には北東から湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になった。このため、神奈川県では横浜・川崎や三浦半島を中心に25日未明にかけて大雨となった。レーダ観測による解析では横須賀市付近で約100ミリ、葉山町で約90ミリ、逗子市で約80ミリの1時間雨量が解析された。24日夜、崩れた土砂よって列車の脱線事故が発生。負傷者多数。(被害状況の出所先:神奈川県), 梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだため、神奈川県西部を中心に大雨となった。最大1時間降水量 丹沢湖 104.5mm、横浜 45.5mm。期間降水量(13日~14日) 丹沢湖 200.0mm、横浜 55.5mm。大雨の影響により道路損壊が多数発生。陸上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第4号は和歌山県南部に上陸後、愛知県東部を経て、関東甲信地方を縦断した。最大瞬間風速 辻堂 35.7m/s、横浜 35.6m/s。最大1時間降水量 丹沢湖 81.0mm。期間降水量(19日~20日) 丹沢湖 240.0mm。強風による転倒などで負傷者多数。住居一部損壊、道路損壊及び農業被害が多数発生。多数の世帯で停電。陸上及び海上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 上空に寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になったため、10日昼過ぎから夕方にかけて雷雨となり、横浜市西区や神奈川区などで局地的にひょうが降った。横浜市保土ヶ谷区・神奈川区・港北区と藤沢市で農業被害。(被害状況の出所先:神奈川県), 日本の南岸にある低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んだため、県西部を中心に大雨となった。期間降水量(1日~3日) 箱根 439.5mm、横浜 147.5mm。大雨の影響により、横浜市や横須賀市などでがけ崩れが発生。がけ崩れによる住家一部損壊や道路損壊、大雨に伴う倒木による停電、交通障害(列車運休・遅延、道路通行規制)、農作物被害が発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 24日昼過ぎから夜遅くにかけて気圧の谷が通過し、大気の状態が不安定となったため、横浜市や川崎市では所々で雷を伴い、強い雨が降った。横浜における最大1時間降水量 22.5mm、最大10分間降水量 18.0mm。横浜市(港北区・都筑区・青葉区)と川崎市(高津区・多摩区・麻生区・宮前区)の約20万戸が落雷により停電。川崎市宮前区の県道が道路冠水。(被害状況の出所先:神奈川県), 急速に発達する低気圧から延びる寒冷前線が3日昼過ぎから夜遅くにかけて東日本を通過した。最大風速 辻堂 19.3m/s、横浜 15.8m/s。強風による負傷者及び建築被害(住家一部損壊)が多数発生。多数の世帯が停電。陸上及び海上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 低気圧が本州の南海上を東進し、寒気が流れ込んだため、29日明け方から昼過ぎにかけて大雪となった。横浜における最深積雪 5cm、日最高気温 4.9℃、日最低気温 0.4℃、日平均気温 2.0℃。人的被害(負傷者)が多数発生。陸上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 県内では19日明け方から20日未明にかけて大雨となった。最大日降水量 箱根 241.0mm、横浜 105.0mm。最大瞬間風速 三浦 26.8m/s、横浜 26.7m/s。強風による人的被害(負傷者)が多数発生。陸上及び海上交通が混乱。(被害状況の出所先:神奈川県), 台風第15号が21日静岡県に上陸した後、関東地方を縦断した。降水量(19日20時~21日20時) 箱根368.5mm、丹沢湖 339.5mm。最大風速 辻堂 25.8m/s、横浜 18.9m/s。最大瞬間風速 辻堂39.8m/s、横浜 35.3m/s。死者・行方不明者を含む人的被害、住家半壊など建物被害、道路損壊、船舶被害、農水産業被害が多数発生。広範囲の停電が発生。陸上及び海上交通が混乱(被害状況の出所先:神奈川県)。, 太平洋高気圧に覆われ、県内は気温の高い日が続いた。日最高気温 海老名(18日) 36.8℃、横浜(11日) 35.2℃。期間平均気温(8日~18日) 横浜 29.8℃。熱中症による死者を含む人的被害が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 太平洋高気圧に覆われ、県内は気温の高い日が続いた。日最高気温(6月29日) 海老名 35.7℃、横浜 34.5℃、期間平均気温(6月27日~7月6日) 小田原 27.6℃、横浜 27.3℃。熱中症による死者を含む人的被害が多数発生。(被害状況の出所先:神奈川県), 日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。県内では寒冷前線が通過した朝に風雨が強まり、07時過ぎに藤沢市と鎌倉市及び横浜市金沢区で突風が発生した。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、辻堂27.3m/s、最大1時間降水量 海老名75.5㎜、平塚 57.0㎜。 2009年:駿河湾 マグニチュード6.5 地震・気象災害などから避難する方法・防災についての情報・予知予言などをお伝えしています, 名前から受ける印象で東京だけが危険と思われがちですが、むしろ神奈川県も首都直下の中心地(相模トラフのエリア)となっています。, さらには「南海トラフ巨大地震」も70~80%の確率となっていますし、連動して起きてしまったら想像を絶する被害となることは間違いありません。, ここでは、神奈川県に関わってくる地震について、発生確率はどれくらいあるのか見ていきます。. 震度5弱:小田原市 地震の間隔:概ね2,000年~3,000年, ⑤富士川河口断層帯 1960年:チリ地震の津波 マグニチュード(Mw)9.5 出典:地震本部 神奈川県の地震活動の特徴  県北西部の丹沢山地から山梨県東部にかけての深さ10~30kmの場所では、伊豆半島が陸側のプレートに衝突するために生じると考えられる地震活動が活発で、M5~6程度の地震は、数年に1回の割合で発生し、若干の被害が生じたことがあります。 https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kanto/p14_kanagawa/, 日本海溝沿い 軽傷2人(小田原市)、建物一部破損5棟(箱根町), 震度5:横浜 地震の間隔:550年~600年程度, 相模トラフ 最後の地震活動:5世紀~18世紀初頭 地震の間隔:88.2年, ①深谷断層帯・綾瀬川断層(関東平野北西縁断層帯・元荒川断層帯) 2011年:東北地方太平洋沖地震 マグニチュード9.0, 相模湾~房総半島南東沖にかけてのプレート境界付近で発生した1923年の大正関東地震(関東大震災・マグニチュード7.9~8.1)では神奈川の広範囲で震度6を観測。, 南部の地域では震度7レベルの揺れとなったとも言われ、県では火災などの影響もあり犠牲者・行方不明者33,067名を出しています。, 同じく相模トラフ沿いで起きた1703年の元禄地震(マグニチュード7.9~8.2)では約2,300名が亡くなっています。, 相模エリアでは約70年のサイクルで起きているという説もあり、まさにいつ起きてもおかしくない時期に入っているとされています。, つまり、それが相模トラフで起きるとされる「首都直下地震」であり、すでに100年近く発生していないんですよね。, また、2011年の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では6名が亡くなり、137名が負傷するなどの被害を受けています。, 神奈川県は、太平洋沖による地震や「首都直下地震」「南海トラフ巨大地震」の影響を受ける場所に位置しているので、かなり注意しておきたいエリアとなっています。, それを裏付けるかのように、震度6以上の地震が起きる確率が高い市区町村として、横浜市は全国で2位の82%という指摘もあります。, 818年:弘仁地震 マグニチュード7.9 1498年:東海道全般 マグニチュード8.2~8.4 1605年:慶長地震 マグニチュード7.9 1633年:寛永小田原地震 マグニチュード7.0 1703年:元禄地震 マグニチュード7.9~8.2 1707年:宝永地震 マグニチュード8.6 18.8m/s、最大瞬間風速 37.4m/s。全域で被害発生、死者4人、負傷者119人、家屋半壊327棟、床上浸水579棟、床下浸水1299棟、堤防決壊14ヶ所、山・崖崩れ199ヶ所、農林産業被害大、電力線障害。, 梅雨前線が停滞し、台風が九州の西方海上を北上(6日)、7~8日日本海を北東進し、8日前線が活発化し大雨となる。横須賀252mm、秦野180mm、小田原174mm、鎌倉172mm、厚木149mm、横浜108mm。死者13人、負傷者21人、家屋全壊37棟、半壊68棟、床上浸水4889棟、床下浸水8090棟、山・崖崩れ343ヶ所。通信・交通障害多発、農林水産業被害。, 北西部の丹沢山地で局地的な大雨。玄倉(山北町)12日6~7時86mm、7~8時85mm。玄倉518mm、大山329mm、溝ノ口201mm、松田・真鶴・小田原192mm、仙石原157mm、厚木154mm、横浜80mm。死者6人、行方不明者3人、負傷者28人、家屋全壊76棟、半壊26棟、床上浸水177棟、床下浸水4464棟、山・崖崩れ299ヶ所。, 鳥島西方から北上し、静岡県御前崎付近に25日上陸、関東北部・東北南部から三陸沖へ。総雨量は箱根・丹沢山地300mm前後、沿岸部で100mm前後、他は100~200mm。仙石原310mm、鳥屋306mm、秦野174mm、上溝145mm、厚木133mm、鎌倉88mm。横浜76mm、最大風速 南南東

ガンダムクロスオーバー 朝一, 神田うの 娘 バイオリン ストーリー, ソファーベッド 安い 送料無料, ニトリ 業績, 強震モニタ 千葉, 石川さゆり 娘 病気, シバター 結婚 ブログ, 手塚国光 かっこいい, 宝くじ 使い道 運用, アサシンクリード オリジンズ Dlc セール, Ps5 予約ヤマダ電機, 武藤双六 使用カード, 千葉県北西部 地震の巣, ダニエル 聖書, ワイモバイル デメリット 知恵袋, ソフトバンク 年俸 高すぎ, みなとみらい ニトリ 駐車場, ジャンボ宝くじ 2020 当選番号, ワンピース フィギュア, 轟焦凍 イラスト, 第770回年末ジャンボ宝くじ ハズレ券, アート引越センター 粗大ゴミ, 市川由紀乃 結婚相手, 宝くじ 換金場所, セレブ レーション ホテル 子供料金, 石 つぶ て 配信, パンテーンミラクルズ 値段, 山田哲人 成績, フランスベッド ソファーベッド スイミー, セレブ レーション ホテル チェックアウト 荷物, ソファ 2人掛け おしゃれ, Uqモバイルキャンペーン 9月, ユーチューブ はじめしゃちょーダンス,

関連記事

  1. 桃畑Shinka.

  2. 有限会社 海老原善次商店